ネット副業で稼ぐ方法

初心者でもわかりやすいようにネット副業でお金を稼ぐ方法を大公開。スマホで稼ぐやり方もお教えします。アフィリエイトやヤフオク、ポイントの貯め方から、FXや株の売買や不動産投資などのネットビジネスのやり方まで公開中。

*

サラリーマンの節税について


サラリーマンのネット副業が、節税になるという話を、耳にしたことがある人もいるのではないだろうか。サラリーマンが会社からもらう給料は、「所得税」が毎月いくらかずつ天引きされているのである。これは、会社から支払われる給料に対する税金となる。

しかし、サラリーマンがネット副業をしていて、副業で赤字を出した場合には、実際の年収は赤字分低くなる。ゆえに、3月に確定申告を行うと、払いすぎた所得税が、「還付金」という形で返ってくるのである。

例えば、サラリーマンとしての年収が500万円の人であれば、税金の目安をもとに毎月給料から、所得税が自動的に引き落とされている。しかし、ネット副業で赤字を100万円だしたとすると。実際の年収は400万円になるのだ。

fg50

ゆえに、会社から年収500万円として徴収されていた税金は、払い過ぎということになるのである。これが、確定申告を行うことによって、還付金という形で精算されるようになる。副業が赤字の時にだけ、お金は返ってくるのだ。

収入を増やすためにネット副業をしているのに、赤字を出すというのは、一見本末転倒のように思うのであるが、ネット副業で収入が、ある一定金額を超えた場合には、節税どころか追加で税金を納めなければならなくなるのである。

初心者でも成果を出しやすい「せどり」について

 

146

ネットで副業を行うためには、パソコンやネット回線、アカウント使用料などの「経費」がかかるのである。そして、ネット副業を行うために必要な経費は、副業の収入から引くことが認められている。

例えば、100万円の収入があった場合にでも、必要経費を差し引くとマイナスになる場合には、税金は返ってくるのである。

広告を利用したネット副業について

152

副業を行っておらず、サラリーマンの収入だけの場合には、スマートフォン使用代もすべて、天引きされた後の手取り給料の中から支払わなければならない。しかし、ネット副業をしている場合には、スマートフォン代や通信費は、経費にできるのである。

 

例えば、1つのスマホをプラーベートと副業用に兼用していたとしても、副業で使用した分に関しては、経費にすることができるのである。このように、ある支出を、プライベートとビジネスとに分けて計算することを「按分(あんぶん)」といい、法律上認められているのである。

簡単なネット副業は懸賞サイトがお勧め

サラリーマンの方は、収入=手取りだと考えがちなのであるが、税制上の収入には、経費を含んだ売り上げや、年度内に発生した債権なども含まれる。ネット副業で赤字になった場合には、確定申告をすることで、戻ってくる税金が増えるのである。

 - パソコン・スマホで稼ぐ