ネット副業で稼ぐ方法

初心者でもわかりやすいようにネット副業でお金を稼ぐ方法を大公開。スマホで稼ぐやり方もお教えします。アフィリエイトやヤフオク、ポイントの貯め方から、FXや株の売買や不動産投資などのネットビジネスのやり方まで公開中。

*

会社にばれるかばれないかの違いについて


ネット副業は自宅にいながら短時間で出来るお金を稼ぐ方法となっており、上手に使いこなせば1ヶ月に20万円以上も稼ぐことが可能である。そこで会社にばれるかばれないかの違いについて、実体験を踏まえながら流れを紹介していく。

fg110

法律ではネット副業で得た収入というのは、雑所得という扱いになるため、確定申告が必要になっているのである。一般的に2月の半ばから3月の半ばと時期が決まっており、その間に税務署で深刻いをする流れとなっているのである。

金額の目安についての説明だが、一般的に1年間で20万円以上の利益が出た時に必要となっているのである。またネット副業のみを収入を得ている場合には、38万円以上の利益が出た時に申請する必要がある。これを行わないと脱税ということになってしまい、後日税務署から何らかの注意を受けることがある。

だがこれ以下の利益になった場合においては、確定申告をする必要がないのが特徴でもある。なので会社に会社にばれるかばれないかについては、自分で確定申告を行うか否かによって変化するのである。また利益が20万円以下である時にも、確定申告をする必要がないのが特徴となっているのである。

その場合には基本的に会社にばれることがないため、退職したりクビになったりすることがないのである。以前は税務署での申告が中心だったが、近年はインターネットからでも可能となっているのが特徴でもある。パソコンで申請が可能となっており、行政が提供しているサービスとなっていることがポイントである。だが税務署で直接提出するやり方に比べて、若干作業手順が複雑化しているのが注意点でもある。

税務署は土日は基本的に開庁していないので、ネット副業をしている方については利用しづらい場所でもある。しかし職場の近くに税務署がある時には、昼休みなどに訪れることで確定申告を行うことが可能である。そういった時間を活用することによって、会社にネット副業がばれることなく安心して行うことが出来るのである。

またこういった事項を守っていた場合でも、同僚などには無闇に話をしない方が良い点もポイントである。同僚などに話をしてしまうことによって、それが上司や重役の耳に入ってしまうことがあるからである。特に正社員勤務をしている時には、こういった副業について禁止となっていることが多いからである。なので基本的に他言はしないようにして、上手に確定申告などを行っていく必要があるのである。

確定申告と住民税の関係

 - パソコン・スマホで稼ぐ